結婚式の挨拶は両家の代表

結婚披露宴の締めくくりになくてはならないのが、両家代表による挨拶です。
これはゲストへの謝辞で、忙しいなか列席してくれたことや、新郎新婦への祝辞に対する感謝の言葉を、心をこめて述べます。
さらに、新郎新婦へのエピソードや、親または親族としての思いなどを述べ、新郎新婦への今後の支援をお願いし、もてなしの不行き届きを詫びる言葉で結びます。
気をつけたいのは、両家を代表する挨拶であるということです。
自分の話ばかりするのは避け、出来れば相手側のことにも触れる内容が良いです。
また、自分たちの代表の挨拶なので、新郎新婦ははもちろん、親、兄弟など両家の親族は、私語などを控え、一緒に挨拶をする気持ちで、背筋を伸ばして聴きます。

結婚する事を不安に思いすぎないで